ブライダルをお手伝いする職業

ブライダル関係のお仕事 ウエディングプランナー

ウエディングプランナーはブライダル業界の花形

ブライダル業界

結婚式の総指揮官となるウエディングプランナーはブライダル業界において花形の仕事です。資格もありますが、なくても仕事をすることが可能です。しかしブライダルに関する歴史や流行などの豊富な知識、マナーに関する知識、円滑に接客をするためのコミュニケーション能力など様々なスキルが必要な仕事です。 結婚式場にもよりますが、成約を獲得する誘致担当が在中している場合もありますし、ウエディングプランナー自らが誘致を行う場合もあります。もちろん月々何件の成約を獲得するというノルマを掲げて仕事に取り組む現場がほとんどです。 誘致がないウエディングプランナーでも、様々なノルマが課せられています。結婚式に使用する演出や衣装代、料理の単価などより高いものを買ってもらうのがウエディングプランナーの営業の仕方です。 華やかな仕事に見られるのですが、営業も行いながら結婚式までの段取りを組んだり、管理を行わなければならないためとても大変な仕事です。

ブライダル

ウエディングプランナーのブライダルに関わる仕事内容

カップル

ブライダル関係の仕事の一つであるウエディングプランナーの仕事内容としては、主に次の3つの業務があります。 まずは結婚式場の下見の訪れたカップルから結婚式の形式や予算、こだわり、雰囲気などの要望を聴き取り、会場や施設等の案内をしながら魅力的なプランの提案を行う営業活動です。

指輪

次に挙式が決まったら、事前の準備として日程や予算、式のスケジュール、料理、衣装、音楽等の詳細を一つ一つ決めていきます。 そして具体的に担当スタッフに指示を出しながら、プランを詰めていく業務です。 もちろん、新郎新婦の要望の変化があった場合には、それに合わせてプランの柔軟な変更にも対応します。

最後に結婚式当日は、予定通りに式を進行させるために手配済みのものが全て問題なく整っているかを確認したり、各担当スタッフとの最終打ち合わせを行って、プラン通りに滞りなく式を進めていくための気配りと指示を行います。 ウエディングプランナーの仕事は、プレッシャーは大きいですが、一生に一度の結婚式を成功させて、新郎新婦を幸せにするというやりがいも大きいです。

LOVE